いちこのブログ

社会人になりました。日常生活のことを書きつらねています。

【きょうの料理】土井さんからレミさんまで

今回は、NHKきょうの料理」のお話です。

きょうの料理「コーンフレークス」の回

f:id:ichiko-blg:20170818211405j:image

8月3日放送のきょうの料理

この日は、土井善晴さんと後藤さんのお二人が、えびのコーンフレークス揚げと角切りトマトのサラダ、トマトとしらすの三杯酢を紹介していました。

料理名から察していただけるかと思いますが、土井さんはなぜかコーンフレークではなく、「コーンフレークス」という呼び方をされます。複数形だからこの呼び方の方が正しい気もするし、「コーンフレーク揚げ」より「コーンフレークス揚げ」の方が、エビにコーンフレークを何枚もまぶす感じが表現されているように思えてきました。サクサクしてて美味しそうなコーンフレークス揚げ、一度試してみたいですね。

 

家庭料理は、ふぞろいでいい

トマトを色々な大きさに角切にしながら語る土井さん。

「(大小のトマトが)それぞれに美味しくしてくれるわけですよ。
ふぞろいを許してくれるのは家庭料理だけです。」

土井さんの料理と言葉には、いつも家庭料理ならではのよさ、あたたかさが垣間見える気がします。大きさがばらばらで揃っていなかったり、形が整っていなかったり。そこがまた家庭料理の風情かなと思います。


貴重な土井さんの駄洒落回

今回は、珍しく土井さんが駄洒落を言うレア回だったんですよ。
コーンフレークスあげを網にとりながら、
後藤さんに丁寧に駄洒落をなげる土井さん。

「わーっとあがっているときには、だんだん興奮、こーんふれーくす、コーンフレクスしてくるんです」

テレビを見てたわたしも思わずふふってなりました。

駄洒落はいつも後藤さんの担当なので、土井さんが積極的にかましてくるのは珍しいのです。駄洒落のふりまで手料理みたいに丁寧なのがポイント。

「先生無理なさらなくても、、
恥をかくのはわたくし一人で大丈夫ですから」

後藤さん、すかさずフォロー。

「ほんまやで
よう頼んますわ」

照れ笑いの土井さん。


そんな会話が繰り広げられていました。

この微笑ましさを誰かに伝えたくて、思わずここに文章化したのですが、番組の空気感をうまく伝えられないのが残念。。わたしの表現力。。

 

お二人のやりとりから見えるのは、料理は単なる家事とか、ご飯を作る作業だけではなくて、一種のコミュニケーションにもなりえるということです。ほかの料理番組のアナウンサーや進行役の方と、料理人のやりとりもまさに。料理を通したコミュニケーションを楽しめるというのが、料理番組を好きな理由のひとつです。

 

料理番組がもつ面白さ

料理番組は好きですか?

わたしはNHKきょうの料理」を見るようになってから料理番組のイメージが変わり、ハマって録画するまでになりました。


わたしが好きな料理家でいうと、土井善晴さんのほか栗原はるみさんや平野レミさんがそうで、こちらの方々の「きょうの料理」も、それはもう本当に面白いんですよ。


まず、料理人の料理する手を見られること。なかでも、わたしは包丁の使い方を見るのがとても好きです。包丁の使い方以外にも、フライパンの使い方とか。料理の仕方を学べるのはもちろんですが、料理家さんそれぞれの包丁さばき、フライパンの振り方に見とれます。


ほかにも、番組内で繰り広げられる会話から、人柄や料理に対する思い、考え方が見えるのも楽しい。

 

平野レミさんの調理法

包丁の使い方でふと思い出したのが、平野レミさん。レミさんて、パクチーみたいな葉物を細かく切るとき、包丁でまな板を叩くような感じで「タンタンタンタン‼︎‼︎」てするんですよね。そんな包丁の使い方もありなのか、、!?とびっくりします。
ほかにも、ボウルでにんにくを「ガン!」て潰したりとか、レミさんはいつだって豪快。
ブロッコリーを立たせたレシピも話題でしたよね。あさイチの。マツコ知らない世界でこのときの映像が紹介されたときには、「(小房にせず丸ごと使うことで)ブロッコリーが喜ぶと思ったの」とおっしゃってて、豊かすぎる感性に感服しました。

そんな、感性豊かで発想力あふれるレミさんのレシピは斬新で、インパクト大。レミさんが出演されている番組は、料理番組なのにバラエティ並みに笑える、特別なジャンルの料理番組です。

これは余談ですが、レミさんのキャッチーなレシピ名すきです。「ごっくんコロッケ」にはじまり、「食べれば〇〇」とか、「アボカドあっちっチーズ」とか。

 

さいごに

平野レミさんが出演されている番組は言わずもがな、料理番組はきっと思ってるより楽しいものだから、少しでも料理に興味がある人、最近料理を始めた人にはぜひ見てほしいと思います。

思うま まに書いてたら、土井さんの話にはじまり、なぜかレミさんの話でおわりました。尊敬してやまない大好きなお二人なので、いつか共演しないかなとひそかに願っています。

 

ちなみに、エビのコーンフレークス揚げは8月号のテキストに載っています。

 

NHKきょうの料理 2017年8月号 [雑誌] (NHKテキスト)

NHKきょうの料理 2017年8月号 [雑誌] (NHKテキスト)

 

 

 

なすおかずを中心に、栗原さんの豚しゃぶなど夏らしいレシピが満載の7月号もおすすめです。

 

NHKきょうの料理 2017年7月号 [雑誌] (NHKテキスト)

NHKきょうの料理 2017年7月号 [雑誌] (NHKテキスト)