読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちこのブログ

大学生が料理の写真と日頃思ったことを綴るブログです

社会人になった今思うこと

 生きてます

ご無沙汰しております。

1ヶ月以上更新できず、さらに気がついたら働き始めて2週間経っていました。。わたしは元気に社会人として働いています。

 

4月までに料理100品を掲げていましたが、結局この目標は達成できませんでした。更新できてないけど、3月末までで65品くらい。

計画立てるのへたっぴでしたね。

 

f:id:ichiko-blg:20170417201755j:image

 前に作ったホタルイカと菜の花のペペロンチーノ

 

働き始めてからも、週3くらいは料理作ってるかな。けど、家遠いのしんどいですね。帰る時間が遅いと、なかなか作る気が起きないです。

 

とはいえ、これからしばらくはまた料理の写真をあげたいなと思っています。なにを作ったか忘れてしまったので、これからは何でも作ったら1品でカウントしちゃいます。笑

時間ないとちゃんとしたのは作れないけど、それでも料理は楽しいですよー。

 

社会人してます

小さな会社で働いているので、研修期間もそれほど長くなく、すでにガンガン仕事を回してもらっています。

 

そうすると、もちろん失敗や上手くいかないこともたくさんあって。わたしは気にしいなので、迷惑をかけたと思うとすぐ凹んじゃうんですよね。

けど今日は、凹むのやめよう、って思いました。

 

変えられるものと変えられないものを見分けて、変えられるものに注力すべし。

というのは有名な話です。

過去のことは変えられないのだから、大事なのは「これからどうするか」、「どう失敗を繰り返さないようにするか」。反省しただけじゃ対応はできないから、どうしたらできるのか考えたいです。

 

ポジティブはこういうときに最強。失敗を強みに変えられるから。

考え方ひとつで世界は変わると信じてやまないので、なるだけポジティブでいたいなと思います。

 

今のうちに苦労も失敗もたくさんしたい。苦労や失敗を知ってる素敵な社会人、素敵なひとになりたいです。

プレゼントにクッキーを焼いた

きょうのお菓子

f:id:ichiko-blg:20170309010928j:image

(51)メープルクッキー

(※月刊生放送きょうの料理より、なかしましほさんのスマイルクッキーを参考に)

 

ピーナッツバターは使わずに、

・サラダ油大2

・無塩バター20gくらい

メープルシロップ大3

・小麦粉100g

で作ってみました。卵も使ってないし、バターと小麦粉とチョコレートさえあればできます!

 

 

最近作ったもの

f:id:ichiko-blg:20170309011518j:image

(52)アスパラベーコンアボカド炒め

 

 2/28放送、きょうの料理を見て作りました。やっぱりアスパラのベーコンの組み合わせは最強。

味付けは塩、醤油、ホットペッパーソースでピリ辛です。ためしに粉チーズかけても美味しかったです。

 

f:id:ichiko-blg:20170309011620j:image

(53)ひじきとにんじんの煮物

(54)人参とごぼうのきんぴら

(55)ほうれん草のツナごま和え

 

作ってから、全部のメニューに醤油が使われていることに気がついたある日の夕食。

世の中のお母さん達、栄養と味のバランスを考慮して献立考えてるのすごいです。。

 

数日分の献立を考えつつ、作りおきができるようになりたいです。

最近、食は生きることの基礎だなって思うことが多いので。

例えば甘いものばっか食べてるときって精神的に不安定なときだし、そんなときに野菜をしっかり食べたりバランスのとれた食事をすると、心も落ち着きます。

ただのエネルギーとして摂取するだけじゃなくて、口に入れるものが自分をかたち作っていることを意識したいものです。

 

目標達成が厳しくなってきた

 作ったごはん 

記録するのをつい後回しにしてしまう。。忘れないうちにやるのが一番ですよね。

2月後半に作ったご飯です。

 

(45)牛丼

 f:id:ichiko-blg:20170306231203j:image

 

(46)小松菜のナムル

 f:id:ichiko-blg:20170306231234j:image

 

(47)そぼろあんかけ豆腐

 f:id:ichiko-blg:20170306231249j:image

 

(48)豚肉とエリンギのトマト煮

 f:id:ichiko-blg:20170306231257j:image

 

(49)ナスの味噌炒め

f:id:ichiko-blg:20170306232751j:image

 

(50)アーモンドミルクプリン

f:id:ichiko-blg:20170306231312j:image

 

 

牛乳プリンとかアーモンドミルクプリンとか、2月はよくプリンを作りました。ココナッツプリンも美味しいですよ。粉かんてんで作っています。

 

さて、目標は3月終わるまでに料理100品だったのですが。やっと半分。

いけるのこれ、、?

父がエクレアを買ってきてくれた

 

今日、コンビニにお弁当とかを買いに行ったついでに、父がエクレアを買ってきてくれました。

白いクリームとカスタードがいっぱい入ったエクレア。

 

ここ半年以上父とふたりで暮らしているのですが、父との会話はほとんどありません。父から「お金(食費とか)足りてるか」と聞いてきてくれたり、わたしから「食費ください」なんてお金の話をするくらい。それ以外も含めて、まともな会話は、1ヶ月に2,3回程度なんじゃないかと思います。

 

そんな父が、申し訳程度にコンビニで洋菓子を買ってくることがあります。といっても、わたしに買ってきてくれたのは3回目くらいなんですが。妹がいたときには、たまに買ってきてた記憶があります。

これは後ろめたさからなのか、なんなのか。理由は全然わからないし、自分からも聞かない。聞かないかわりに、「こういうお菓子そんなに好きじゃないんだよね」とも言わない。

あんまり好きなお菓子ではないけれど、黙っていただいてます。

 

分かりあうことをとっくに諦めてしまったわたしと元から分かりあうことを嫌う父の関係は、なんだか冷めきった夫婦みたいです。母と父の関係はまさしくそうなわけですが。

 

分かりあえるっていう安易な考えはお互いを辛くするだと思っているし、今までいろいろ試した上での今だから、父との関係に不満はありません。頑張ってたときよりも、憎んでたときよりも今の方が全然いいです。

それでも、もしわたしが「甘いクリームがいっぱい使われてるの好きじゃないんだ」とか、「チョコクリームそんな好きじゃないんだよね」とか、「スポンジケーキよりもプリンの方が好きなんだ」なんて伝えたら、どうなるのかなって思うんです。ただ思うだけなんですけど。

 

自分の好きなものをわかってもらうだけで、心の距離は縮められる気がします。

大切な相手が自分の好みをわかってくれて、それでなにかを与えてくれたならそんな嬉しいことないし、きっともっと好きになっちゃう。逆にそれを伝えなければ、小さなすれ違いがずっと続いていくわけで。父が、わたしの好みじゃないお菓子を何回も買ってくるみたいに。

 

分かりあうことは諦めていいけど、伝えることは諦めたくないな、と思います。

 

 

【追記】

あんまり好きじゃなくてもたまに食べたらおいしいものってあるじゃないですか。クリームたっぷりのエクレアもそれでした。

たまにはズレてるのもいいんだなって思いました。

この日は、久しぶりに父とまともな会話ができて嬉しかったです。わたしが赤ちゃんだった頃、父が乗っていた車の話。

私たちはずっと分かりあえないまま死んでいくんだろうけど、でも、死に際には「ちゃんと親子だった」って思うことができそうな気がしてます。

ここまでくるのに長かったな。

諦めることは受け入れることでもあって、それは許すことにも近いと感じます。

ぜんぶ許せるわけないけど、笑えるようになりました。

2/24

今日のごはん

f:id:ichiko-blg:20170224235004j:image

(43)鮭とほうれん草のクリームパスタ

(44)牡蠣の酒蒸し (写真撮り忘れた)

 

クリームパスタ、クックパッドでざっと材料調べてなんとなくで作ったらふつーの味。特別美味しくもないけど、まずくもない。生クリームとか入れたら美味しくなったかもです。

 

自分なりに作ってみると、レパートリーや味付けが似たり寄ったりになってしまうので、いろいろなレシピを見て作るのは毎日食べる料理を作る上で大事なポイントだなと思いました。

というか、誰かにご飯作ってほしいです、、

どうしたって食べられないものじゃなければ、誰かが作ってくれたご飯てそれだけでおいしいですよね。

 

一人暮らし、できるのかなぁ。

自分の作る料理の味付けに飽きて嫌になっちゃいそうです。

それでも最近、充実した食卓はお腹も心も満たしてくれるということがよくわかったので、料理はこれからも続けていきたいです。

2/23

今日のごはん

f:id:ichiko-blg:20170223232204j:image

(39)冷奴

(40)ほうれん草のごま和え

(41)ナスとエリンギの麺つゆ炒め

 

f:id:ichiko-blg:20170223232447j:image

 (42)豚肉の生姜炒め(豚肩、もも肉で作った生姜焼き)

 

 

見てわかる通りですが、最近料理で手抜きしすぎです。。数品作る元気がなくて、一品だけ作ることが多いです。自分ひとり分だけ作るのってちょっと味気ないですね。楽しいし、気分転換にはなるけれど。

だんだん元気が出てきたので、またつくりおきやりたいです。

明日あたり買い物行こうかな。

 

明日はなにも予定ないけど、楽しい1日にしよう。

うみべの女の子を読んだ

友達に借りた漫画、浅野いにおさんの『うみべの女の子』。

個人的に感じたこと、考えたことなど感想を書いていきます。完全にネタバレしてるので、大丈夫な人のみ読んでください。

 

想像に委ねられる登場人物の心情

この漫画には独白の表現がないので、登場人物の考えてることは、セリフと行動の描写からしかわかりません。現実世界の人間関係みたいに、言葉や表現から人物の思いを考える感じ。でも2巻完結の漫画の登場人物の心情を全部理解することなんて到底できないので、どこかもどかしい気持ちで読みました。

絵や言葉で細部まで表現することができるので、多く漫画では共感や気持ちの想像が容易にできると思うんです。

でも、この漫画はそうじゃなくて。街並みや海辺といった細やかな景色の描写や、登場人物の言葉、表現から想像力を掻きたてられます。

 

作中に出てくる音楽

想像するという面で印象的だったのは、音楽が出てくる場面でした。はっぴいえんどの「風をあつめて」。

磯辺の部屋で小梅と磯辺がこの曲を聴くシーンや、小梅がひとりイヤホンで聴きながら登校するシーンがあるほか、小梅が台風のなか磯辺を探す場面でもこの歌がでてきます。

 

音楽を聴くときって、その曲を聴いたある場面や、その曲を聴くと思い浮かぶ人や、一緒に聴いた人なんかを思い出したりするじゃないですか。

どんな曲なんだろう。どんな思いで聴いてるんだろう。

小梅が携帯でこの曲を聴きながら登校するシーンなんて特に、ついそんなことを考えてしまいます。ちなみにその場面は「風をあつめて」にはちょっとそぐわない雨模様。けど、雨のなか聴くのもいいかもしれない。どんよりした日に。

 

はっぴいえんどの「風をあつめて」、実際に聴いてみました。

 

「風をあつめて」 はっぴいえんど - YouTube

 

どうして磯辺と小梅がふたりで聴いていたのはこの曲だったんだろう。整理しきれない、ぐちゃぐちゃした気持ちを抱える14歳のふたりが聴いていた曲だと思うと切ない気がしました。

 

磯辺と小梅の関係

中学生でセックスなんてませてるなぁと、中高時代恋人なんておらずましてやセックスなんて遠い世界の話だったわたしは思ってしまうわけですが。

 

磯辺と小梅はいわゆるセフレのような関係。

磯辺は何度か付き合いたいという意思を伝えるのですが、小梅は相手にせず、また「やっぱキスはやだ」と断ります。

 

はじめは磯辺が小梅に思いを寄せるという構図なのですが、小梅がこっそり磯辺のパソコンのファイル(うみべの女の子)を消してしまったことをきっかけに、立場は逆転。磯辺は小梅に冷たくなり、逆に小梅は磯辺への思いを募らせていきます。

 

小梅と磯辺のような関係性って、ありがちなのではと思います。俗にいうセフレのような。

 

セックスするだけの関係って、ただそれだけでいることってきっと難しいんですよね。どこか、感情が入り込んでしまう。片方が付き合いたいと思うときもう片方はそうじゃなくて、逆にもう片方が付き合いたいと思うときには向こうが冷めてて、みたいな。

 

付き合いたいとか単純な話以外にも、セフレの関係ってもっと多様なんじゃないかなって思います。付き合ってるって関係もそう。

名前でくくれる関係性なんてたかが知れてて、名前がないだけで本当はいろいろな関係が存在してるんだと思います。

 

でも、それは大人になってからの話だったはずで。中学生っていうと考えや人間関係もまだまだ幼い気がしますよね。しかし、彼、彼女の内面はわたし達が思っているよりずっと深くて見えづらい。人間関係も、私たちが想像する以上に複雑になり得ます。

好きだった先輩に性的な行為を強要された腹いせに、以前自分に告白してきた男の子とセックスしたり。

自殺した兄が運営していた掲示板の管理人を引きついだり、兄を自殺に追い込んだ先輩たちへの復讐の意味もこめて、小梅を男性フシンにした先輩たちを襲ったり。

単純といえば単純だけど、他人には簡単に理解できないような感情をそれぞれが抱えています。

 

磯辺と小梅があのような関係であったのは、2人が抱える「何か足りない」感覚であったり、脆さであったのかな、と思います。

中学生くらいって、大人からは見えないわからないけど、そういう脆さや危うさを抱えてるものですよね。

「してもしても何か足りない気がするのは、なんでだと思う? 」

小梅の言葉は、大人である私たちの心にもしみる重さがあります。

セックスが持つ意味はひとつじゃない。人はなにを求めてるんでしょうか。

 

ふたりが別れるシーン

物語の終盤、小梅が磯辺に

「じゃあ 最後に一回だけ

キスしてもらっていいですか?

そしたら全部忘れるから……」

と言って泣く場面があります。

 

小梅の泣き方、、わたしが元カレにフラれたときのわたしそっくりで、なんとも言えない気持ちになりました。。。見っともない顔で泣いちゃう。かつて自分を好きでいた人、自分が好きだったひとにふられるのは悲しいし切ないし悔しい。部屋に帰ってひとり嗚咽して泣きましたよ。。今となっては懐かしい。。

 

それは置いておいても、その場面が海辺っていうのが、つらいです。物語の序盤、初めてを経験した小梅と磯辺がふたり並んでぎこちない会話をしていたときも、磯辺がSDカードを拾ったときも、すぐそこに海の景色がありました。一緒に過ごした海辺でふたりの関係が終わるの、切なすぎます。 

 

磯辺がキスしなかった理由は、なんでなんですかね。

「…最後までお前に振り回される訳にはいかない」

この言葉は本心だったんじゃないかと思います。自分が相手の気持ちに引きずられてしまうのが嫌なのもあっただろうし、最後に思い出を作りたくなかったのかな。これで終わりにしたくなかったのかもしれません。好きだった相手をふるのは辛いことだったろうな。

結局、最初から最後までふたりはキスしてないんですよね。

「愛のあるセックスなんて幻想なんだよ‼︎」

磯辺の言葉を思い出します。

 

泣きすがる小梅を残して歩き出した磯辺が、海辺に見たお兄さんの影。兄の呪いは解けたんだと信じたいです。

 

まとめ

性的な描写が丁寧な漫画ではあるんですけど、それだけじゃないです。14歳の話で青春を思い起こす場面もたくさんある一方で、大人になった私たちにも通じる複雑な心情が描かれています。

最初に書いたように読者の想像とか読み方で受けとり方も変わってくるはずなので、そこも面白いポイントだと思います。

磯辺も小梅も愛おしいです。

 

語彙力不足でうまく伝えきれていない部分もたくさんあるのですが、どうか大目にみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

余談

小梅と磯辺の携帯メールでのやりとりでRe:が続いていくの、自分の中学高校時代を思い出して懐かしくなりました。

好きな人とのメールが続いてるって実感できるもの。そんな時代もありました。

あと小梅が書いた手紙にはまっすぐな思いが綴られていて、純粋に誰かを好きになるってこんな感じなのかなと思いました。恋愛ってすごい。(語彙力……)

CDと手紙を持って暴風雨のなか走り回る小梅もほんとに愛しいです。

大人になったらそういう恋愛ってできなくなるんでしょうか。一度くらいはしたいものです。

 

 

うみべの女の子 1 (F×COMICS)

うみべの女の子 1 (F×COMICS)

 
うみべの女の子 2 (F×コミックス)

うみべの女の子 2 (F×コミックス)