いちこのブログ

社会人になりました。日常生活のことを書きつらねています。

家族というある種の呪縛の話

親戚だって、家族だってわかりあえない

完全に、身の上話的なものです。

家族関係に悩んでるひとには読んでもらえたら嬉しいです。

※深夜に勢いで書いたものだったので、少し書き直しました

 

小さい頃は我が子のように可愛がってくれた、少なくともそう感じていた親戚の態度が、昔とは変わってしまった。
父親のことがあってからのことです。

あからさまに冷たくしたりはしないけど、本心が出ないようにどうにか取り繕っているような。疑心暗鬼と言われればそれまでかもしれないけど、うわべの関係になってしまったように思えます。

その人はその人なりに辛いのだし、わたしに対して「もっとこうしてくれれば」と厭な気持ちを抱いているのも想像できるし、決してどっちが悪いとかいう問題でなくて。

 

ただそんな親戚に対して、というか、世の中の人に対してわたしが思ってるのは、
あなたには、わたしの気持ちは分からない」ということ。

逆もしかりで、わたしも、相手の気持ちを全てわかることはできないけど。

 

正直、家族とか親戚とか、身近で特別な人たちに対しては「わたしのことをわかってほしい」、「わかりあえるものだ」ってつい思いたくなってしまうんですよね。でもそんなの幻想だと、今では思います。

 

想像することまではできるけど、ぜんぶ気持ちをわかることなんてことはできません。立場も考え方も、誰一人同じ人はいないから。

だから「あなたの気持ちはわかるよ」なんて言っても、本当はわからない、わかれない。

 

実際、わたしは父との関係も母との関係も、とても良いとは言い難かったけど、「たとえ家族だって別の人間なんなから、完全にはわかりあえない」って気がついてから、なんだか楽になりました。

 

ドラマ「カルテット」が描いた家族関係のグレー

話が少し逸れるのだけど、少し前のドラマ「カルテット」で、わたしがすごく好きな回があります。

 

それは、すずめちゃん(満島ひかり)が確執の深い父親の死に際に、病院に行くかすごく悩んで苦しんで、最終的には父に会いに行かなかった、という回。

 

病院前のバス停では降りられず、降りられても病院には行けずにぼーっとしてたすずめちゃん。真紀さん(松たか子)に父親の死を告げられ「病院行こう」という言葉をかけられるにも、家族という呪縛に苦しんでいて。

「駄目かな。家族だから、行かなきゃ駄目かな。行かなきゃ」

それを聞いた真紀さんの言葉は強くて、優しかった。

「すずめちゃん、軽井沢帰ろう。病院行かなくていいよ」「みんなのとこに帰ろう」

この言葉に、父の死に目にも亡くなった際にも会いに行かないという決断に、どれほどの人が救われただろうと思うのです。

 

家族だからって好きでいなくていいし、わかりあえなくていいし、許せなくてもいい。

 

親の死に目に会えてよかったとか、やっぱり父は自分のことを愛してたとか、ドラマ定番ともいえる家族愛の感動ストーリーに持っていかなかったことが、すごく嬉しかった。世の中とか普通とかそういうものに対する抵抗みたいで。

 

家族関係はひとそれぞれだし、白黒じゃなくて、グレーでいいんだと、思いました。

 

家族にとらわれずに生きる

家族関係で悩んでいるひとがいたら、どうか、「家族だからわかりあえる」とか「家族だから愛さなければいけない」とか、そういう呪縛にとらわれないで生きてほしい、と願います。

 

家族だって別の人間だし、わかりあえないし、許せないこともある。

 

正解なんてなくて自分で決めるしかないから、親とのことは後悔しないように考えたい。自分だけじゃなくてこれを読んでる誰かにも、後悔しないような選択をして生きてほしい、だってなにより、自分の人生なのだから。

 

母やソーシャルワーカーの方に言われた

「あなたは自分の人生を生きて」

という言葉が、ずっと心の何処かにあります。

 

家族にも世の中にもとらわれずに、自由に、自分の人生を生きる、生きたい。

 

 

カルテット DVD-BOX

カルテット DVD-BOX